2016年12月23日

天井気密とトップライト枠

後で隠れて見えなくなる部分だから、ブログで記録を残してるんです。

加賀原ガレージ2ndの施工記録です。

最後の仕上げにアクリル系の気密テープを貼りました。

流れとしては、

  • ウレタン吹付けで気密
  • ブチルで気密
  • カネライトフォームとアクリル系テープで気密

長期で考えて、ブチルの信頼性は高いのですが、アクリル系はよくわからなかったので、両方やったらイイじゃん。という流れでこのようになりました。これで天井の気密は問題ないかと思います。

1

2

インゴ角を斜めに割いて天窓から垂れる部分の枠兼天井下地を作りました。3

仕上材が窓から微妙に広がるような収まりになります。隙間部分はウレタン吹付けです。4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)