2016年03月02日

断熱材のやり直し。。。。。。。。。。

ホントに続いた例の大工シリーズ!

神奈川県横浜市に建築中の賃貸ガレージハウス『加賀原ガレージ』

本日の作業内容は『断熱材のやり直し』はー。。。またやり直しかよ。

ビフォー1 ビフォー2

えーと。何がおかしいのか。見る人が見れば一発ですね。でも、普通の人は知らない。そして、ウチの大工も知らない。。。

細かい説明は省くとして、防湿シートの耳は重ねあわせ、室内側に空気層ができないようにボードを張った時に密着させなければならない。というのが基本なのですが『入ってりゃいーんでしょ』というまたしても無知な施工。『だってボードがやりづらいからどうのこうの』だと?黙れ。

耳をくるくる折ってわざわざ中に入れないでくれる??
そっちほうが手間じゃない??

一日監督が空けただけで、新たなやり直しが発生する神奈川県横浜市の賃貸新築物件現場。

その名は『加賀原ガレージ』

朝からやり直しましたよ。私が。

どうにも収まりの悪い所もありますが、仕方がないですね。
ここはガレージなので妥協するとしますが、2階とロフトはしっかり監督しますのでご安心ください。

アフター1 アフター2

欠陥住宅かよ!と突っ込まれそうですが、情報開示ということで正直に行こうと思います。最終的にはちゃんと仕上げますよ!

オモシロ大工シリーズつづく。のか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)