2017年01月11日

耳付きグラスウール

結論から言うと、耳付きグラスウールは使いたくありません。

1階がガレージなので、2階とは断熱で区切ります。

1

 

 

その裏

2

どんなに丁寧に入れた所で、上下スカスカの部分が出ます。メーカーの図面のようには収まりません。

大きな問題では無いかも知れませんが、気になります。

3

また、気密処理や、カットして耳が無くなった場合など、

『丁寧に施工しようとすると余計な手間がかかる』

という材料なので、一棟まるごと大工に片手間でやらせる。とかは辞めたほうが良いと思います。

設計者『丁寧に施工すれば耳付きグラスウールもいいですよ』
施工者『メンドクセ入ってりゃいいだろ』

現場はこんな感じになりがちです。

建築現場というのは、思われているほど完璧に作業がされているわけではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)