2016年02月03日

『横浜ガレージ』か?

建物名は『横浜ガレージ』で行こうか。

なぜか?それは、SEO的に。要は自社物件自分客付けを狙っているので、検索で引っかかりやすいかなという事で。有りがちなよくわからないフランス語の建物名とかはちょっと。。だし、ガレージに引っ掛けた造語も何だかピンとこないので。

この賃貸物件の名前は『横浜ガレージ』

このブログも、やれ横浜だ、賃貸ガレージハウスだ、賃貸ビルドインガレージだ。と書いているは検索に引っ掛けたいからだったんですね。多少見苦しいですが見逃してください!横浜、神奈川県内で、賃貸ガレージハウスを探している方がネットで探しやすいようにしたいので!

今回は、基礎の立上り打設が終わり、土間の天端が見えたので、ガレージ入り口スロープの勾配がどうなるかを実測しました。1
回転レーザーレベル買っちゃいました!2
初めて使ったのですが、レーザーがくるくる回転して、そこが0地点。ロッドにつけた子機が0で反応します。それを基準にして、ロッドでプラスorマイナス何センチかを図るだけの機械なんですね。単純ですが便利です。最初から買っとけばよかった。因みに親機は適当に設置すれば、勝手に水平にレーザーを出すようです。頭良すぎ!

車高の低い車のことを考えた余裕のあるプランですと、暖和勾配無しでは12%が上限とは言われていますが、土地の形状的に無理でしたので、ある程度妥協の勾配プランです。

東側端っこが最大勾配15.2%。となり、まあ問題ないでしょ?という所で収まったので、一安心です。普通の車なら、勢いつけてブレーキ踏んだりしない限りはまず擦りません。3

ここは妥協できる部分ではなかったので、うまく収まって本当に良かった!賃貸物件は残念な箇所をいかに潰していくかだと思っているので。

引き続き完成まで頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)