2016年02月13日

横浜の賃貸ガレージハウス

横浜ガレージ建て方二日目。

いやー2月だというのにいきなり春になりました!ぽかぽかです。

本日2階の根太まで完了した模様。

職人さんが帰った後、ガレージ部に入って見ましたが、天井高っ!これはいいガレージになりそう。

実測で土間天端から一番太い梁まで2.7cm、細い梁まで2.8m。梁は露出で仕上がるので、余裕で2.8以上という天井高になります。名称未設定-2

この大きい四角い材料はロフトの壁だな。窓の形状で分かるぜ!だって自分で考えたから。ロフトが10畳という、やり過ぎプランも自分で考えましたよ。そんな広いロフトで何するんだよって??1

おや。この梁は合板のような感じだ。どうなってんだ?2

異等級構成集合材というらしい。色々調べてみると、強度の違う木材を接着剤で貼り合わせた木材。無垢材の方が良いとか、賛否はあるようですが、非常に精度の高そうな梁です。加工材には加工材のメリットがあるのでしょう。また一つ学びました。

ベルウッドだから鈴木さんの会社かと思いましたが、よく見たらベイルウッドでした!フィンランドの会社のようです。北欧から遥々やって来たのだね。
3

実際賃貸で横浜、名古屋、仙台と。ガレージハウス3ケ所借りた経験を活かし、本気でプランを練ったのでハマる建物になるはず!乞うご期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)