2017年03月14日

VELUX天窓おさめ

ここで気をつけるのは気密です。断熱も兼ねますが、特に気密を考えながら施工します。

 

ウレタンの前に霧吹きです。これしないとウレタンはぼたぼた下に落ちますから。吸着と硬化には程よい水分が必要です。2017-03-13 16.37.45

今回は壁が末広がりになっているので、上半分くらいにモリモリやります。ここに霧吹きしたりもします。吸着と硬化には程よい水分が必要です。すみません、、ココ重要なので繰り返しました。

2017-03-13 16.43.21

 

上部は天窓木枠に差し込みGL工法のようにブチューっと押し当て、下部は見切りに乗せてビス打ちです。漆喰仕上げなので、本数多めで。

2017-03-13 16.44.43

天窓は熱が最も逃げやすい上部にあるので、気密は完璧に行います。

因みに屋根の断熱はウレタン吹付け150mm。さらに天井下地を垂木に対して直交に組みヒートブリッジを最小限にし、3種45mmのカネライトです。建築途中でもめちゃくちゃ暖かくて幸せです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)